DUCATI1299panigale×夏帆ツーリング記録

DUCATI 1299 panigale でツーリングに行った記録を適当に書いてみました。

act6.九州北ツーリング(後編)



おはようございます、夏帆です。



今回は九州北ツーリングの3日目の内容になります。
...といっても3日目は地元三重へ戻らないといけないので、九州は一切回らないタイトル詐欺みたいな感じになっていますが、タイトル考えるのもめんどくさいのでそのまま引き続きます(´・ω・`)


あとこの日は午前中でツーリングが終わって、午後からは帰りだったので普段以上に浅いブログです、さらっと見れると思います(´・ω・`)


1,2日目の内容はこちらになりますので、興味のある方は是非どうぞです。


1日目


2日目


昨日はコロナの湯で日をまたいでしまい、結局4時間ほどしか仮眠できず...というか4時間ほどのホテル利用ならネットカフェの方が安く済んだ感はありますが、ベッドで寝たほうが疲れは取れるのでヨシとしましょうか。
起きてからカーテンをめくると、なんだか曇り空で雨が降り出しそうな感じがしますが、予定通りスタートします。


行きは関門大橋(高速)を通ってきましたが、今回は三重に帰る前に山口県のツーリングスポットを回る為に、あえて下道の「関門トンネル」を潜ります。
通行料はバイクは¥100-とワンコインで、細かい小銭等は出さないので、¥100-玉をポケットに忍ばせておくと支払いもスムーズに進めると思います。
ちなみにどの辺りが県境だったのでしょうか...?


関門トンネルを抜け、響灘の海を眺めながら海沿いの県道を走り、下関と角島をつなぐ「角島大橋」が見えてきました。
こちらの橋は上から眺めると、角島大橋へ続く一本橋がずーっと真っ直ぐに伸びていて眺めヨシ。
この日の朝方は曇り空とあって、よく画像とかで見る青一面の海面...とは言えませんでしたが。
本当ならこのまま橋を渡って角島灯台公園まで散歩がてら歩いて見る予定でしたが、噂通り風が強かったのと行った先に喫茶店とか休憩できそうな所が見当たらなかったので次に進むことにしました。
次は天気が良い日に来直したいですね。



角島大橋を離れて北浦街道と広域農道を通り、山口県のツーリングスポットである秋吉カルスト台へ着きました。
確か日本でカルスト台は3つあって、福岡の平尾台、山口の秋吉台、高知/愛媛の四国カルストと有名ですが、この3日間で平尾台と秋吉台を回ることが出来ました。
ここは平尾台と違って道幅も広くて走りやすかったです。


緑一面の広大な景色と、数え切れないほどの石灰岩柱があって日本じゃない感が凄いです!
ただこの日は冒頭でも話した通り曇り空とあり、写真で見ると何となく霧が出ていて見晴らしが良いとは言えないですね…(´・ω・`)
この後に行く秋芳洞に行ってからでも撮影できたとは思いますが、帰りの時間も考えないといけないので、また次の機会があれば遊びに来たいと思います。



とりあえず近くの駐車場でバイクを置き、秋吉鍾乳洞へ涼みに行きます。
こちらの鍾乳洞は千仏鍾乳洞と違って濡れたり険しい道のりを歩くわけではないですが、手すりや照明など歩きやすい鍾乳洞でした。
また全長も8.5㎞とかなり長い道のりで、最後まで往復すると1時間は簡単に潰れました(笑)


ここの鍾乳洞の名物の百枚岩(2枚目)は写真では言い表せないほど迫力があって感動しました。


ちなみに体を動かしたい方用に冒険コースがありましたが、さすがに大きなリュックと撮影機材が入ったウエストバッグやレッグバッグも装着していたので、何かあったときを考えると冷や汗ものだったのでスルーしました(笑)
写真でも見える通り結構な急こう配ですが、ちらっと覗いてみると手すりやロープと一応補助装置はあるみたいですが、結構滑りやすいみたいで見ていると足を滑らせている方もチラホラ見えました。やっぱり登らなくてよかった。


その後はバニラミルクとさっぱりとした甘みが美味の秋吉梨ソフトを食べながら、帰りのルートを検索しつつ、今から帰るのめんどくさいなぁ...なんて思っていましたっけ。


夏みかんソフトも甘酸っぱくてうまー(*´ω`)


山口県の観光名所の角島大橋と秋吉カルスト台も見れたことですし、まだ正午を過ぎる手前でしたが岐路に着くことにします。
距離にして約600㎞帰宅ツーリングの始まりです。
...といっても特に大きなトラブルもなく淡々と進んでいましたが、個人的な話ですが意外なサプライズが。


淡々と給油ストップ&ゴーを繰り返して、兵庫に入ったあたりでふと、本当に何となく目に入った1台のバイクが。あれ...青いNM4に北陸ナンバーって...



ニコニコ動画で車載動画されている青い末弟さんとまさかのエンカウント。
自分がまだバイクに興味無かった頃、ソーマさんやパンダの中の人さんの動画を初め、色々と動画を見ていましたが、この方の動画も私の中で印象に残っていた方でした。


後にソーマさんとは日本一周されたpeten_4さんの沖縄見送りの際、たまたまお会いして少しお話しが出来て嬉しかったのもありますが、まさか青い末弟さんともエンカウントできるとは...
動画を通してバイクの楽しさを教えてもらった末弟さんとお話しできないか、せめて動画を今でも楽しく見させてもらっています!...と一言声を掛けれないかと、SA,PAに入る事を祈って後ろに付いてマスツー(?)させて頂きましたが、どうやらキャンプ場に向かっている最中みたいで、道中のICにて降りられました。


さすがに末弟さんも予定があるかと思いましたので、ICを降りてまで着いていくのはご迷惑を掛けますので、ICを降りる前に親指を立ててヤエーさせて頂きました。


...



どうやら末弟さんにも伝わったそうです、良かったです。
末弟さんも無事にツーリングが終わったみたいでなによりです。
また北陸に遊びに行くこともあるかと思いますが、すれ違ったらまたヤエーさせて頂きます(笑)欲を言えばお話ししたいです(´・ω・`)



走り続けて7時間ほど、いつもの見慣れた景色に戻ることが出来ました。
行きと違って帰り道は気温差もなく、明るい中走れたので心なしか近く感じました。
こちらでTwitterのフォロワーさんのだーしまさんとお連れの方とで雑談していましたが、自分がぶっ通しで走り続けていて元気なかったので、あまり面白いトークが出来ていなかったとは思いますが、同じ三重ライダーなので、またどこかでゆっくりお話しできたらなーと思いながら岐路に着きました。


今回の九州北ツーリングの3日間の総合移動距離は1900㎞オーバーとちょっとした冒険ツーリングでした。平均燃費も高速主軸だったので19.2㎞/Lと高い目。
ほとんど走りっぱなしだったので疲れもありましたが、初の九州は疲れを忘れるほどの感動がありました。
景色も良く、走りのスポットも多く、温泉や鍾乳洞と遊んだりまったりしたりとかなり充実しました。


ただもちろん心残りというか...ポツリと後悔した事、それは…


九州は2日だけで回るもんじゃないですね。
全然足りないです(´・ω・`)


次は丸々1週間かけて鹿児島や長崎辺りのツーリングスポットも含めて、じっくりと回っていきたいと思います。
...なんか締まりの悪い終わり方な様な気がしますが、とりあえず完結という事で。



最近仕事の方も忙しくなってブログを書く暇も見出せなくなっていますが、ゆったりと更新していきますので、今でも見ていている方がいらっしゃいましたら今後もどうぞ適当に読んでいってください(笑)


更新スパンがかなり開きましたが、九州北ツーリングの全日程の内容は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました、またどこかで(*´ω`)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。